出版・発表


査読誌

このページのトップへ戻る


プロシーディング,会議録

  • Misaki Ozawa, Takeshi Kuroiwa, Atsushi Ikeda, and Kunimasa Miyazaki,
    "Jamming and Glass Transitions viewed from the Mean Field Pictures"
    In AIP Conf. Proc. , Eds. Michio Tokuyama and Irwin Oppenheim, (AIP 2013) vol. 1518, pp. 128-133
  • K. Miyazaki, G. Biroli, J-P. Bouchaud, and D. R. Reichman,
    ``Nonlinear Susceptibility and Dynamical Length Scale of Glassy Systems"
    In COMPLEX SYSTEMS: 5th International Workshop on Complax Systems , Eds. M. Tokuyama, I. Oppenheim, and H. Nishiyama, (American Institute of Physics 2008) 173-176.
  • H. M. Wyss, K. Miyazaki, J. Mattsson, Z. Hu, D. R. Reichmann, and D. A. Weitz
    ``Strain Rate Frequency Superposition SRFS): A rheological probe of structural relaxation in soft materials"
    In Abstracts of papers of The 80th ACS Colloid and Surface Science Symposium, 2006 , (University of Colorado at Boulder, June 2006)
  • J. Conrad, S. Manley, K. Miyazaki, V. Trappe, D. Weitz,
    ``Nonequilibrium state diagram of weakly attractive colloids''
    In Abstracts of papers of the American Physical Society, APS March Meeting, March 21-25, 2005, abstract #D36.011,
  • K. Miyazaki, R. Yamamoto, and D. R. Reichman
    ``Supercooled liquids under shear: A mode-coupling theory approach''
    In Proceedings of the 3rd International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems, (American Institute of Physics 2004) 635
  • R. Yamamoto, K. Miyazaki, and D. R. Reichman
    ``Supercooled liquids under shear: Computational approach''
    In Proceedings of the 3rd International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems, (American Institute of Physics 2004) 717
  • K. Miyazaki, R. Yamamoto, and D. R. Reichman
    Supercooled fluids under shear: A mode coupling approach.
    In Abstracts of papers of the American Chemical Society 226, U290-U290 134-PHYS Part 2 Sep. 2003
  • K. Miyazaki and K. Seki,
    ``Phenomenology of Dielectric Relaxation",
    In Proceedings of the 2nd Tohwa University International Meeting of Fukuoka 1997, (World Scientific, Singapore 1998)p-189
  • K. Seki, K. Miyazaki, and C. Uchiyama,
    ``A stochastic model for dipole relaxation",
    In Proceedings of the 2nd Tohwa University International Meeting of Fukuoka 1997, (World Scientific, Singapore 1998)p-191
  • K. Miyazaki, K. Kitahara, and D. Bedeaux,
    ``Nonequilibrium thermodynamics of multi-component fluids",
    In Proceedings of the 2nd Tohwa University International Meeting of Fukuoka 1997, (World Scientific, Singapore 1998)p-98

このページのトップへ戻る


邦文の解説など

  • 宮崎州正
    「ガラスの理論物理学」
    「理フィロソフィア」 第32号, (2017年4月20日発行)p.4-7 (4pages), 2017.
  • 池田昌司, 水野英如, 尾澤岬, 宮崎州正
    「ガラス転移とアモルファス固体:最近の理論研究から」
    「ニューガラス」 Vol.31, p.3-6 (4pages), 2016.
  • 宮崎州正
    「ガラス転移の統計物理学」(第60回物性若手夏の学校:講義)
    「物性研究・電子版」 Vol. 4 , No. 4. p. 044206 (2015年11月号).
  • 宮崎州正, 尾澤岬, 池田昌司
    「ガラス転移理論の最近の発展」
    「熱測定」 Vol. 42 , (2015) No. 4. p. 135-141.
  • 宮崎州正,
    ``特集「ガラス転移とシミュレーション」―はじめに―"
    「アンサンブル」 Vol. 16 , (2014) No. 2 p. 77-78.
  • 宮崎州正,
    ``メイドインジャパン物理用語 物性編 「朝倉--大澤理論」"
    「パリティ」 26, 61 (2011年11月号)
  • 宮崎州正,
    ``分子の世界の渋滞学 : ガラス転移の物理(第54回物性若手夏の学校(2009年度),講義ノート)"
    「物性研究」 93, 956-972 (2010年6月号)
  • 宮崎州正,
    ``ガラス転移とモード結合理論 -最近の発展と課題-"
    「物性研究」 88, 621 (2007年8月号)
  • 宮崎州正,
    ``ガラスの非線形レオロジーの微視的理論 -モード結合理論によるアプローチ-"
    「物性研究」 88, 360 (2007年6月号)
  • 宮崎州正,
    ``ガラス転移理論の新展開 -動的不均一性とモード結合理論-"
    「日本物理学会誌」 62, 431 (2007年6月号)
  • 宮崎州正,
    ``オランダ・デルフトでの研究と生活"
    「アンサンブル」(分子シミュレーション研究会NEWS LETTER), No.19, July p-4 (2002)
  • 宮崎州正,
    ``Nonequilibrium thermodynamics of dilute suspensions''
    「物性研究」(1996年5月号)
  • S. Komura, K. Seki and K. Miyazaki,
    ``Diffusion constant of proteins in biomembranes"
    「物性研究」 66, 412 (1996).
  • K. Miyazaki,
    ``Brownian motion of a sphere in slow shear flow"
    「物性研究」 66, 546 (1996).

このページのトップへ戻る


研究助成金などのリスト

  • 科学研究費 若手研究(A)
    「変形可能な超粒子分散系におけるパッシブ・アクティブダイナミクスの統一的研究」(研究代表者: 川﨑猛史)
    (2016-2019年度)
  • 科学研究費 基盤研究(B)
    「非平衡・非一様・非従来型液体のガラス転移の研究」(研究代表者: 宮崎州正)
    (2016-2019年度)
  • 科学研究費 若手研究(スタートアップ)
    「変形の効果を考慮した粒子の分散系における流動特性」(研究代表者: 川﨑猛史)
    (2015年8月~2016年3月)
  • 科学研究費  特別推進研究 
    「時空階層性の物理学:単純液体からソフトマターまで」(分担者)
    研究課題番号: 25000002
    2013年〜2018年3月31日(予定)
  • 科学研究費  新学術領域研究(研究領域提案型) 「ゆらぎと構造の協奏:非平 衡系における普遍法則の確立」
    「ガラスにおける遅いゆらぎのダイナミクスと隠れた秩序」(研究代表者)
    研究課題番号:25103005
    2013年6月28日〜2018年3月31日(予定)
  • 科学研究費 基盤研究(B)
    「ガラス転移とジャミング転移の平均場描像の確立」(研究代表者)
    (2012-2014年度)
  • 科学研究費 特定領域研究「非平衡ソフトマター物理学の創成:メソスコピック系の構造とダイナミクス」 (公募研究)
    「コロイド系のガラス転移と非線形レオロジー」(研究代表者)
    (2009-2010年度)
  • 科学研究費 基盤研究(C)
    「過冷却液体のスローダイナミクスと動的不均一性」(研究代表者)
    (2009-2011年度)
  • 科学研究費 特定領域研究「非平衡ソフトマター物理学の創成:メソスコピック系の構造とダイナミクス」 (公募研究)
    「コロイドゲルの生成ダイナミクスとレオロジー」(研究代表者)
    (2007-2008年度)
  • 科学研究費 基盤研究(C)
    「ガラス転移と動的相関長」(研究代表者)
    (2007-2008年度)
  • 科学研究費 特定領域研究 「実在系の分子理論」(計画研究)
    「空間・時間不均一ダイナミックス理論の構築」 (連携研究者)
    (2007-2009年度)
  • 日本学術振興会 国際学会等派遣事業 (旅費)
    StatPhys 23 (Genova, Italy)に参加
    (2007年度)

このページのトップへ戻る


受賞

  • 松山洋道 (M2)
    第8回ソフトマター研究会優秀ポスター賞 (2018年12月8日)
  • 川﨑猛史
    第13回凝縮系科学賞 (2018年11月30日)
  • 尾澤岬
    平成26年度 筑波大学数理物質科学研究科 研究科長賞 (2015年3月)
  • 川﨑猛史
    第9回日本物理学会若手奨励賞(領域12) (2015年)
  • 田辺光弘
    平成25年度 名古屋大学大学院 理学研究科顕彰
    論文タイトル「細胞の自律力学」 (2014年3月)
  • 尾澤 岬
    平成23年度 数理物質科学研究科 研究科長賞 (2012年3月)
  • 宮崎州正
    第1回日本物理学会若手奨励賞(領域 12) (2007年)

このページのトップへ戻る


研究会の世話人など

  • International workshop on Glasses and Related Nonequilibrium Systems , (2017年3月21日-23日, 大阪大学中之島センター) 組織委員.
  • 「ソフトマター研究会」運営委員(2011年8月-現在) 
  • Workshop on the Dynamics of the Glass/Jamming Transition in celebration of the 80th birthday of Prof. Kyozi Kawasaki (2010年9月8日-9月11日, Busan, Korea) 組織委員.
  • "第3回ソフトマター物理若手勉強会" (2009年9月2日-9月4日, つくば) 組織委員.
  • YKIS 2009 "Frontiers in Nonequilibrium Physics: Fundamental Theory, Glassy & Granular Materials, and Computational Physics"  at Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto"  (2009年7月21日-8月21日, 京都) 組織委員.
  • 日本物理学会・学会誌編集委員 (2008年9月-2011年8月)
  • 日本物理学会領域12世話人 (2008年4月-2009年4月)

このページのトップへ戻る


最近の講演・セミナーなど
学会の依頼/招待/シンポジウム講演、国際会議の口頭発表、大学でのセミナー講演など

(2019年)

(2018年)

(2017年)

(2016年)

(2015年)

  • K. Miyazaki
    "Glass transition of randomly pinned systems"
    (Japan-France Joint Seminar "New Frontiers in Non-equilibrium Physics of Glassy Materials", 2015年8月11日~8月14日, Kyoto).
  • 川崎猛史
    "サスペンション系におけるシアシックニングのメカニズム:慣性および粒子間摩擦の影響"
    (東京大学物性研究所短期研究会「ガラス転移と周辺分野の科学」, 2015年7月31日~8月1日, 物性研).
  • 宮崎州正
    "ランダムピニング系のガラス転移"
    (東京大学物性研究所短期研究会「ガラス転移と周辺分野の科学」, 2015年7月31日~8月1日, 物性研).
  • 宮崎州正
    "ガラス転移の統計物理学"
    (第60回物性若手夏の学校, 講師, 2015年7月27日-8月1日, 岐阜).
  • 川﨑猛史
    「やわらかい粒子のサスペンション系におけるレオロジー」
    (計算粉体工学研究会, 2015年7月13日, 同志社大学, 京都, invited).
  • 川﨑猛史
    「過冷却液体・ガラス・結晶に対する,結晶秩序を基にした理論的研究」
    (日本物理学会第70回年次大会,24aAA-2(若手奨励賞受賞講演), 2015年3月24日, 早稲田大学).
  • T. Kawasaki,
    "Diverging viscosity and soft granular rheology in non-Brownian suspensions"
    ( Physics of Structural and Dynamical Hierarchy in Soft Matter, 2015年3月16-18日, 東京).
  • Misaki Ozawa, Walter Kob, Atsushi Ikeda, and Kunimasa Miyazaki,
    "Thermodynamic glass transition of randomly pinned systems"
    ( Unifying Concepts in Glass Physics VI , Feb. 1-7, 2015, Aspen Center for Physics, Aspen, CO, USA, invited).

(2014年)

(2013年)

  • K. Miyazaki, Misaki OZAWA, Takeshi KUROIWA and Atsushi IKEDA,
    "Hidden length scales in the glass and jamming transitions"
    ( The Fifth International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials, 2013年10月28-29日, 横浜, invited).
  • K. Miyazaki,
    "Unified view of the glass and jamming transitions"
    ( The East Asia Joint Seminars on Statistical Physics (EAJSSP) 2013, 2013年10月21-24日, YITP, Kyoto, Japan, invited).
  • 宮崎 州正, "ガラス転移研究の最近の進展"
    ( ニューガラスフォーラム第111回若手懇談会, 2013年7月9日, 東京, invited).
  • K. Miyazaki, "Hidden amorphous orders near the jamming and glass transitions"
    (CECAM workshop "From cooperativity in supercooled liquids to plasticity of amorphous solids", 2013年6月26日-6月28日, CECAM-ETHZ, Zurich, Switzerland, invited).
  • 尾澤 岬, "ガラス転移 vs ジャミング転移:平均場描像による統一的理解"
    (つくばソフトマター研究会2013, 2013年3月11日, つくば).
  • 宮崎 州正, "ガラス転移研究の最近の発展と今後の課題"
    (つくばソフトマター研究会2013, 2013年3月11日, つくば).
  • 宮崎 州正, "ガラス転移とジャミング転移の平均場描像"
    (物性研共同利用・CCMS・元素戦略合同研究会「計算物性物理学の新展開」, 2013年1月10日, 柏).
  • Hironori Matsuyama,, "Slow Relaxation toward Equipartition in the Fermi-Pasta-Ulam Nonlinear Lattice Oscillating System"
    (Telluride Sciecnce Research Center Meeting "Geometry of Chemical Reaction Dynamics in Gas and Condensed Phases", 2013.6.10-14, Telluride, Colorado, USA).

(2012年)

  • 宮崎 州正, "やわらかい粒子のガラス転移"
    (計算機センター特別研究プロジェクト『結晶成長の数理』第七回研究会 -ソフトマターと結晶成長-, 2012年12月25日, 学習院大学, invited).
  • K. Miyazaki, "Unifying concept of the glass and jamming transitions"
    (Workshop on the Open Problems of the Glass Transition and Related Topics, 2012年12月16日-20日, 福岡).
  • K. Miyazaki, "Jamming and Glass Transitions viewed from the Mean Field Pictures"
    (The 4th International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems, 2012年12月5日, 仙台, invited).
  • 宮崎 州正, "ガラス転移の平均場描像"
    (第61期金属ガラス部門・分子動力学部門合同委員会, 2012年9月7日, 大阪, invited).
  • 宮崎 州正, "ガラス転移とジャミング転移の統一的理解"
    (基研研究会2012 非平衡系の物理 -その普遍的理解を目指して, 2012年8月1 日-8月4日, 京都, invited).
  • K. Miyazaki, "Mean Field Picture of Glass (and Jamming) Transition"
    (WPI-AIMR Workshop, Structure and Dynamics of Glass -Bridging mathematics and material science-, 2012年6月27日-6月29日, 仙台, invited).
  • K. Miyazaki, "The Glass Transitions from the Mean-Field Perspectives"
    (5th International Discussion Meeting on Grass Transition, 2012年2月27日-3月1日, 仙台, invited).

(2011年)

  • K. Miyazaki, "Dynamical Transition, Inherent Structures, and Jamming Transition of Hard Spheres"
    (French-Japanese meeting on Jamming, Glasses and Phase transitions, 2011年12月7-10日, Paris).
  • 宮崎州正, 「ガラス転移とジャミング転移の統一的理解」
    (第34回 溶液化学シンポジウム プレシンポジウム, 2011年11月14日, 名古屋大学, 招待講演).
  • K. Miyazaki, "The glass and jamming transition from the mean-field perspectives"
    (Konstanz大学Fuchs研究室のインフォーマルなセミナー, 2011年9月29日, Konstanz, Germany).
  • K. Miyazaki, "The glass/jamming transition from the mean-field perspectives"
    See also the video recording here and here.
    ( Workshop on Sphere Packing and Amorphous Materials , 2011年7月25-29日, Trieste, Italy).
  • K. Miyazaki, "Glass transition of exotic liquids"
    (The 5th International Mini-Symposium on Liquids, 2011年6月25-26日, 岡山大学, 招待講演).
  • 宮崎州正, "モード結合理論はガラス転移の平均場理論か?"
    (日大塑性研究会, 2011年6月15日, 千葉, 招待講演).

(2010年)

  • "モード結合理論はガラス転移の平均場理論か?"
    (お茶の水女子大学物理学科セミナー, 2010年12月6日, 東京).
  • "ランダム媒質中のガラス転移"
    (岡山大学化学科セミナー, 2010年11月11日, 岡山).
  • A. Ikeda, "Glass Transition of Ultra-Soft Particles: Novel Dynamics in High Density Gaussian Core Model",
    (Workshop on the Dynamics of the Glass/Jamming Transition in celebration of the 80th birthday of Prof. Kyozi Kawasaki, 2010年9月8日-9月11日, Busan, Korea, invited).
  • K. Miyazaki, "Is Mode-Coupling Theory a Mean Field Theory of the Glass Transition?",
    (Workshop on the Dynamics of the Glass/Jamming Transition in celebration of the 80th birthday of Prof. Kyozi Kawasaki, 2010年9月8日-9月11日, Busan, Korea, invited).
  • K. Miyazaki, "Slow dynamics in random media: From glass to localization transition"
    (CECAM workshop "Complex dynamics of fluids in disordered and crowded environments", 2010年6月28日-7月1日, Lyon, France, invited).
  • K. Miyazaki, "Is Mode-Coupling Theory a Mean Field Theory of the Glass Transition?"
    ("Particulate Matter: Dimension Matters", 2010年5月31日-6月4日, Dresden, Germany, invited).
  • K. Miyazaki, "Inhomogeneous mode coupling theory and Dynamical heterogeneities"
    ( SCHOOL ON GLASS FORMERS AND GLASSES, 2010年1月4日-1月20日, Bangalore, India, invited).

(2009年)

  • "ガラスの物理"
    (第3回ソフトマター物理若手勉強会, 2009年9月2日-9月4日, つくば).
  • "分子の世界の渋滞学 ―ガラス転移の物理学"
    (物性若手夏の学校, サブゼミ, 2009年8月22日-8月23日, 志賀高原).
  • "Glass transition in random media"
    (つくばソフトマター研究会, 2009年2月23日-2月24日, つくば).

(2008年)

  • "Recent Progresses and Open Problems in Mode-Coupling Theory of Glass Transition"
    (Unifying Concepts in Glass Physics IV (UCGP2008), 2008年11月25日-11月28日, Kyoto, invited).
  • "From glasses to Lorenz gases: A crossover of slow dynamics in random media"
    (JSPS Japan-France Bilateral Joint Seminar 2008 "Frontiers of Glassy Physics", 2008年11月19日-11月22日, Kyoto, invited).
  • "非平衡統計力学の新たな展開"
    (第44回熱測定討論会, 2008年10月17日, つくば, 依頼講演).
  • "ガラス転移と動的相関長"
    (東京大学物性研究所/理論セミナー, 2008年9月25日, 柏).
  • "Comments and questions on “Bifurcation Scenario of Jamming Transition”" (Discussant for Prof. S. Sasa's talk)
    ("Dynamical heterogeneities in glasses, colloids and granular media", 2008年8月25日-9月5日, Leiden, the Netherlands).
  • "ガラス転移とモード結合理論"
    (産総研セミナー, 2008年6月12日, つくば).
  • "ガラス転移とモード結合理論"
    ( 京都大学 数理解析研究所 共同研究集会 「乱流研究の展望:ブレークスルーを求めて」, 2008年1月16-18日, 京都, 招待講演).

(2007年)

  • "Mode-Coupling Theory and Glass Transition: Recent progresses"
    ( Symposium on the 50th Anniversary of the Alder transition, 2007年11月29-30日, 金沢市).
  • "Recent Progresses on Mode-Coupling Theory for Glass Transition"
    ( Fukuoka International Workshop on Unifying Concepts of Glass Transition, 2007年11月22-24日, 福岡市, 招待講演).
  • "Nonlinear susceptibility and dynamical length scale of glassy systems"
    ( The 5th International Workshop on Complex Systems, 2007年9月25日, 仙台市).
  • "Nonlinear rheology of soft glassy materials"
    ( The YITP workshop on "New Frontiers in Colloidal Physics : A Bridge between Micro- and Macroscpic Concepts in Soft Matter", 2007年7月27日, 京都市).
  • 「ガラス転移における協同現象-動的相関の微視的理論-」
    (筑波大学凝縮系理論コロキウム, 2007年6月25日, つくば市).
  • 「ガラス転移における動的相関 -モード結合理論によるアプローチ-」
    (特定領域研究 第2回領域研究会, 2007年6月23日, 米沢市).
  • 「ガラス転移における動的相関長の微視的理論」
    (分子科学研究所・第28回・29回CMS(計算分子科学)セミナー, 2007年2月16日, 岡崎市).
  • 「ガラス転移における動的相関長の微視的理論」
    (京都大学・小貫研・太田研合同セミナー, 2007年2月14日, 京都市).
  • 「やわらかいガラスの非線形レオロジー」
    (福岡工業大学・特別セミナー, 2007年1月18日, 福岡市).
  • 「モード結合理論を超えて -ガラス転移の新しい微視的理論-」
    (九州大学フロントリサーチャー育成プログラム関連セミナー, 2007年1月15日, 福岡市).

(2006年)

  • 「過冷却液体における動的相関の微視的理論」
    (東大物性研短期研究会「ガラス転移の統一概念」, 2006年11月20-22日, 千葉県柏市).
  • 「やわらかいガラスの非線形レオロジー」
    (物理化学セミナー, 2006年10月28日, 京都大学桂キャンパス).
  • 「ガラス転移と動的相関長」
    (21世紀COE 京都大学化学連携研究教育拠点講演会, 2006年10月27日, 京都大学桂キャンパス).
  • "Nonlinear rheology of glassy system: MCT approach"
    (高等研究所・川崎フェローシンポジウム, 2006年10月24-26日, 京都).
  • "Nonlinear susceptibility of glasses and growing length scale"
    (高等研究所・川崎フェローシンポジウム, 2006年10月24-26日, 京都).
  • 「やわらかいガラスの非線形レオロジー」
    (日本物理学会シンポジウム「レオロジー研究の新展開」, 2006年9月, 千葉大学).
  • "Nonlinear susceptibility of glasses and growing length scale"
    (Harvard大学応用物理学科 特別セミナー, 2006年6月, アメリカ).

このページのトップへ戻る


学会等の発表
日本物理学会など学会の通常講演や国際会議のポスター発表など。太字は登壇者を表します。

(2018年)

  • 松山洋道, 宮崎州正
    「コロイド分散系におけるNernst効果の理論的解析」
    ( 第8回ソフトマター研究会, ポスター, 2018年12月7日 首都大学東京).
  • 今村桃太, 川崎猛史, 宮崎州正
    「周期剪断下の高密度分散系における降伏現象と粒子軌道の周波数依存性」
    ( 第8回ソフトマター研究会, ポスター, 2018年12月7日 首都大学東京).
  • 小野嘉己, 川崎猛史, 宮崎州正
    「アクティブマターを用いたガラスの動的不均一性」
    ( 第8回ソフトマター研究会, ポスター, 2018年12月7日 首都大学東京).
  • 游夏, 川崎猛史, 宮崎州正
    "一般化されたActive Ornstein-Uhlenbeck Particleモデルとその数値シミュレーション"
    ( 日本物理学会 2018年度秋季大会, 11pM201-15, 2018年9月9日 同志社大学).
  • 川崎猛史, Ludovic Berthier
    "ブラウン粒子の不連続シアシックニング"
    ( 日本物理学会 2018年度秋季大会, 10pM102-10, 2018年9月9日 同志社大学).
  • 今村桃太, 川崎猛史, 宮崎州正
    "周期剪断下の高密度分散系における降伏現象と粒子軌道の周波数依存性"
    ( 日本物理学会 2018年度秋季大会, 10pM102-9, 2018年9月9日 同志社大学).
  • 池田昌司, 川崎猛史, Ludovic Berthier, 波多野恭弘, 齊藤国靖
    "ジャミング転移における粘性発散と緩和時間の増大の関係"
    ( 日本物理学会 2018年度秋季大会, 10pM102-8, 2018年9月9日 同志社大学).
  • 葉韋廷, 川崎猛史, 宮崎州正
    "Reproducing Reversible-Irreversible Transition of Dilute Sheared Suspension from a Deterministic Set of Equations - Effect of Hydrodynamic and Non-Hydrodynamic Interaction"
    ( 日本物理学会 2018年度秋季大会, 9pM102-4, 2018年9月9日 同志社大学).
  • 小野嘉己, 川崎猛史, 宮崎州正
    "ガラス転移点近傍におけるアクティブマターの動的相関長"
    ( 日本物理学会 2018年度秋季大会, 9aM102-3, 2018年9月9日 同志社大学).
  • 宮崎州正, 中山洋平, 松山洋道
    "異常エントロピー生成と線形非平衡熱力学"
    ( 日本物理学会 2018年度秋季大会, 9aM302-2, 2018年9月9日 同志社大学).
  • 永澤謙太郎, 宮崎州正, 川崎猛史,
    "ジャミング転移点近傍で見られる様々なタイプの可逆・不可逆粒子軌道転移"
    ( 日本物理学会 2018年度年次大会, 23pK605-5, 2018年3月23日 東京理科大学).

(2017年)

(2016年)

  • 池田 晴國,
    "ガラスにおける秩序-無秩序転移"
    ( 第6回ソフトマター研究会,2016年10月24日~10月26日, 北海道大学).
  • 川﨑 猛史,
    "周期剪断下高密度分散系の粒子軌道に関する可逆・不可逆不連続転移"
    ( 第6回ソフトマター研究会,2016年10月24日~10月26日, 北海道大学).
  • Harukuni Ikeda,
    "Glass counterpart of order and disorder crystals"
    ( IGER International Symposium on Science of Molecular Assembly and Biomolecular Systems 2016,September 29th - 30th 2016, ITbM Lecture Room, Nagoya University).
  • 池田晴國, 宮崎州正, 池田昌司,
    "多成分系のレプリカ液体論におけるギブスのパラドックス"
    ( 日本物理学会 2016年秋季大会, 13pAH-11, 2016年9月13日(火)〜16日(金) 金沢大学角間キャンパス).
  • 池田晴國,池田昌司,
    "二成分p-spin模型におけるデカップリング現象"
    ( 日本物理学会 2016年秋季大会, 13pAH-10, 2016年9月13日(火)〜16日(金) 金沢大学角間キャンパス).
  • 宮崎涼二, 川崎猛史, 宮崎州正,
    "Ultrasoft potential系のガラス転移における異常緩和"
    ( 日本物理学会 2016年秋季大会, 13pAH-9, 2016年9月13日(火)〜16日(金) 金沢大学角間キャンパス).
  • 川崎猛史, Ludovic Berthier,
    "周期剪断下における高密度分散系の可逆・不可逆不連続転移"
    ( 日本物理学会 2016年秋季大会, 15aAH-10, 2016年9月13日(火)〜16日(金) 金沢大学角間キャンパス).
  • 宮崎涼二, 川崎猛史, 宮崎州正,
    "Ultrasoft potential系のガラス転移点の密度依存性"
    (日本物理学会第71回年次大会, 22aBF-9, 2016年3月19日-22日, 東北学院大学(泉キャンパス)).
  • 池田晴國, 宮崎州正, 吉野元, 池田昌司,
    "二成分系のガラス転移のレプリカ液体論による研究"
    (日本物理学会第71回年次大会, 22aBF-7, 2016年3月19日-22日, 東北学院大学(泉キャンパス)).
  • 尾澤岬, Walter Kob, Daniele Coslovich,
    "シミュレーションによる過冷却液体の低温での比熱のピークと配置エントロピー"
    (日本物理学会第71回年次大会, 22aBF-6, 2016年3月19日-22日, 東北学院大学(泉キャンパス)).
  • 川崎猛史, Ludovic Berthier,
    "コロイド分散系における不連続シアシックニング"
    (日本物理学会第71回年次大会, 21aBF-5, 2016年3月19日-22日, 東北学院大学(泉キャンパス)).
  • Ryoji Miyazaki
    "Cluster-glass transition of ultra-soft-potential fluids at high densities"
    (Avalanches, plasticity, and nonlinear response in nonequilibrium solids, 7-9 March 2016, YITP, Kyoto, Japan (poster)).

(2015年)

  • 宮崎涼二, 川崎猛史, 宮崎州正,
    "一般化Hertzian型相互作用系のクラスターガラス"
    (日本物理学会秋季大会, 18pCU-7, 2015年9月16日-19日, 関西大学(千里山キャンパス)).
  • 池田晴國, 宮崎州正,
    "ランダムピニングされたKinetically constrained modelのベーテ格子状におけるガラス転移"
    (日本物理学会秋季大会, 18pCU-6, 2015年9月16日-19日, 関西大学(千里山キャンパス)).
  • 尾澤岬, 金鋼, 宮崎州正,
    "ガラスのフラジリティを制御できる2成分過冷却液体モデルの開発"
    (日本物理学会秋季大会, 18aCU-10, 2015年9月16日-19日, 関西大学(千里山キャンパス)).
  • K. Miyazaki
    "Thermodynamic Glass Transition of Randomly Pinned Systems"
    (International Symposium on Fluctuation and Structure out of Equilibrium 2015, 2015年8月20日~8月23日, Kyoto).
  • Harukuni Ikeda
    "The glass transition of randomly pinned kinetically constrained model on Bethe lattice"
    (Japan-France Joint Seminar "New Frontiers in Non-equilibrium Physics of Glassy Materials", 2015年8月11日~8月14日, Kyoto).
  • Ryoji Miyazaki
    "Cluster-glass transition of ultrasoft-potential fluids"
    (Japan-France Joint Seminar "New Frontiers in Non-equilibrium Physics of Glassy Materials", 2015年8月11日~8月14日, Kyoto).
  • 宮崎 涼二
    "一般化Hertzian型相互作用系のガラス転移"
    (東京大学物性研究所短期研究会「ガラス転移と周辺分野の科学」, 2015年7月31日~8月1日, 物性研, poster).
  • 池田 晴國
    "二成分系のガラス転移における転移点の分離"
    (東京大学物性研究所短期研究会「ガラス転移と周辺分野の科学」, 2015年7月31日~8月1日, 物性研, poster).
  • Hiroya Fukuda, Tomio Petrosky, and Tetsuro Konishi,
    "Analytical calculation of the reaction rate for isomerization"
    (IGER International Symposium on Science of Molecular Assembly and Biomolecular Systems 2015 : Spins in Action, 2015.1.26-27, Noyorei Conference Hall, Nagoya University, poster)
  • Harukuni Ikeda and Atsushi Ikeda
    "Correlation lengths of amorphous materials"
    (IGER International Symposium on Science of Molecular Assembly and Biomolecular Systems 2015 : Spins in Action, 2015.1.26-27, Noyorei Conference Hall, Nagoya University, poster)
  • Harukuni Ikeda and Atsushi Ikeda,
    "Correlation length for the high dimensional hard sphere model near the glass and jamming transition point"
    (日本物理学会第70回年次大会, 23pAF-6, 2015年3月23日, 早稲田大学).
  • Misaki Ozawa, Walter Kob, Atsushi Ikeda, and Kunimasa Miyazaki,
    "Numerical Study of Ideal Glass Transition by Random Pinning"
    (日本物理学会第70回年次大会, 23pAF-7, 2015年3月23日, 早稲田大学).
  • Misaki Ozawa, Kang Kim, and Kunimasa Miyazaki,
    "Tuning of Pairwise Potential Can Control the Fragility of Glass-Forming Liquids: From Tetrahedral Network to Isotropic Soft Sphere Models"
    (Physics of Structural and Dynamical Hierarchy in Soft Matter, March 16-18, 2015, University of Tokyo, Japan)
  • Harukuni Ikeda and Kunimasa Miyazaki
    "Glass transition of a randomly pinned kinetically constrained model on the Bethe lattice"
    (Physics of Structural and Dynamical Hierarchy in Soft Matter, March 16-18, University of Tokyo, Japan)
  • Misaki Ozawa, Kang Kim, and Kunimasa Miyazaki,
    "Control of the Fragility of a Glass Former by using the Fragile-to-Strong Crossover"
    (Unifying Concepts in Glass Physics Ⅵ, February 1-7, 2015, Aspen, USA)
  • Harukuni Ikeda and Atsushi Ikeda,
    "Correlation lengths of the high-dimensional hard sphere model"
    (Unifying Concepts in Glass Physics Ⅵ, February 1-7, 2015, Aspen, USA)
  • 池田晴國,池田昌司
    「高次元剛体球のガラス・ジャミング転移における相関長」
    (第四回ソフトマター研究会,1/6-8,名古屋大学)

(2014年)

  • 福田 博也,トミオ・ペトロスキー,小西哲郎,
    「whisker写像の相空間構造を利用した反応井戸内滞在時間分布の解析的計算」
    (日本物理学会2014年秋季大会, 9pAN-1, 2014年9月9日, 中部大学).
  • Harukuni Ikeda and Kunimasa Miyazaki,
    "Sufficiently advanced statistic is indistinguishable from dynamics near the glass transition"
    (Spin glasses: An old tool for new problems, August 25-September 6, France).
  • Ryoji Miyazaki,
    "Frustration in vicinity of transition point of spin glasses"
    (Spin glasses: An old tool for new problems, August 25-September 6, France).
  • Misaki Ozawa and Kunimasa Miyazaki,
    "Dynamical Heterogeneity of Supercooled Liquids and Shear Transformation Zone of Amorphous Solids: A Comparative Simulation Study"
    (Liquids 2014, 9th Liquid Matter Conference, July 21-25, 2014, Lisbon, Portugal).
  • Harukuni Ikeda and Kunimasa Miyazaki,
    "The correlation length of the glass transition"
    (The 8th Mini-Symposium on Liquids, July 5, 2014, Okayama University, Japan).
  • 池田 晴國,宮崎州正,
    「ガラス転移における平均場シナリオの理論的検証」
    (日本物理学会2014年春季年会, 28pAC-4, 2014年3月28日, 東海大学).
  • 尾澤岬,池田昌司,宮崎州正,
    "Phase Diagram of a Random Pinning Glass"
    (日本物理学会2014年春季年会, 30aPS-144, 2014年3月30日, 東海大学, ポス ター発表).
  • Misaki Ozawa and Kunimasa Miyazaki,
    "Dynamical Heterogeneity of Supercooled Liquid and Shear Transformation Zone of Amorphous Solid"
    (The IGER International Symposium on Science of Molecular Assembly and Biomolecular System 2014, March 12-13, 2014, Nagoya, Japan).
  • Hironori Matsuyama,
    "Two-Stage Relaxation to Equipartition in Fermi-Pasta-Ulam Nonlinear Lattice Oscillating System"
    (IGER Annual Meeting 2013, N-26, 2014.1.8, Nagoya).
  • Hironori Matsuyama, Tetsuro Konishi,
    "Dynamics of Slow Relaxation to Equipartition in a Hamiltonian System with Many Degrees of Freedom - FPU Nonlinear Chain"
    (The IGER International Symposium on Science of Molecular Assembly and Biomolecular System 2014, P030, 2014.3.12-13, Nagoya).
  • 松山裕典, 小西哲郎,
    「Fermi-Pasta-Ulam模型における遅い緩和のダイナミクス」
    (日本物理学会第69回年次大会, 30aPS-40, 2014年3月30日,東海大学).

(2013年)

  • 宮崎州正, 「拘束や温度勾配がある系のmultiplicativemultiplicativeなブラウン運動」
    (第1回領域研究会, 2013年12月25日-27日,KKRホテル熱海).
  • 尾澤 岬,池田 昌司,宮崎 州正(名大理) 「Potential Energy Landscape Analysis of Random Pinning Glass Transition」
    (第1回領域研究会, 2013年12月25日-27日,KKRホテル熱海,ポスター).
  • 池田 晴國,宮崎州正, 「ガラス転移における平均場描像の検証」
    (第1回領域研究会, 2013年12月25日-27日,KKRホテル熱海,ポスター).
  • 宮崎州正, 「拘束や温度勾配がある系のmultiplicativemultiplicativeなブラウン運動」
    (第3回ソフトマター研究会, 2013年12月13日-15日, 首都大学東京).
  • 池田晴國,宮崎州正, 「ガラス転移における平均場シナリオの理論的検証」
    (第3回ソフトマター研究会, 2013年12月13日-15日, 首都大学東京、ポスター).
  • 池田晴國,宮崎州正,
    "MCTとレプリカ液体論の融合に向けた試み"
    (日本物理学会2013年秋季大会, 26aKP-2, 2013年9月26日, 徳島大学).
  • 尾澤岬,宮崎州正,
    "Dynamical heterogeneityとShear transformation zoneの関係のシミュレーションによる考察"
    (日本物理学会2013年秋季大会, 26aKP-8, 2013年9月26日, 徳島大学).
  • 尾澤岬,宮崎州正,
    "過冷却液体の動的不均一性とアモルファス固体のせん断変形領域の関係"
    (関東ソフトマター研究会, 2013年8月24日, 御茶ノ水女子大学).
  • 池田晴國,宮崎州正,
    "二成分系の柔らかい粒子における多彩な動力学"
    (関東ソフトマター研究会, 2013年8月24日, 御茶ノ水女子大学).
  • 池田晴國,宮崎州正,
    "柔らかいポテンシャルの?密度極限におけるガラス転移のMCT及びレプリカ法 によ る解析"
    (日本物理学会2013年春季年会, 26pXH-5, 2013年3月26日, 広島大学).
  • 菅江祥子,宮崎州正,
    "Generalized Hertzianポテンシャル液体のガラス転移"
    (日本物理学会2013年春季年会, 26pXH-8, 2013年3月26日, 広島大学).
  • 黒岩健,宮崎州正,
    "拘束条件のもとでのブラウン運動とoverdump極限"
    (日本物理学会2013年春季年会, 29aXC-10, 2013年3月29日, 広島大学).
  • Hironori Matsuyama,
    "Two-Stage Relaxation to Equipartition in FPU Nonlinear LAttice Oscillating System"
    (IGER Annual Meeting 2012, N-27, 2013.1.10, Nagoya).
  • 松山裕典,
    "FPU系の二重緩和過程とプラトーの安定性"
    (日本物理学会第68回年次大会, 26pXZD-5, 2013年3月26日, 広島大学).
  • 松山裕典,
    "Fermi-Pasta-Ulam系の遅い緩和と運動相間の遷移"
    (日本物理学会2013年秋季大会, 28aKG-3, 2013年9月28日, 徳島大学).

(2012年)

  • 黒岩健,宮崎州正,
    "拘束条件のもとでの確率過程とpスピン球形模型への応用"
    (日本物理学会2012年秋季大会, 19aAC-3, 2012年9月19日, 横浜国立大学).
  • 岡崎祥太,池田昌司,宮崎州正,
    "Ultrasoftポテンシャル液体の特異な熱力学相と双対性"
    (日本物理学会2012年秋季大会, 20aAF-5, 2012年9月20日, 横浜国立大学).
  • 尾澤岬,黒岩健,池田昌司,宮崎州正,
    "剛体球液体のInherent structureの構造とダイナミクスII"
    (日本物理学会2012年秋季大会, 21aAF-1, 2012年9月21日, 横浜国立大学).
  • 岡崎祥太,池田昌司,宮崎州正,
    "Ultrasoftポテンシャル液体の熱力学と液体論"
    (日本物理学会2012年春季年会, 25aAH-5, 2012年3月24日-3月27日, 兵庫).
  • 尾澤岬,黒岩健,池田昌司,宮崎州正,
    "剛体球系におけるInherent Structureの構造とダイナミクス"
    (日本物理学会2012年春季年会, 24aBF-9, 2012年3月24日-3月27日, 兵庫).
  • 黒岩健, Thomas Voigtmann,宮崎州正,
    "2成分モード結合理論における実効的な時間スケールの分離の起源について"
    (日本物理学会2012年春季年会, 24aBF-6, 2012年3月24日-3月27日, 兵庫).
  • 金鋼, 斉藤真司,宮崎州正,Giulio Biroli,David R. Reichman,
    "ガラス転移における多点相関関数と動的相関長:NEMD and IMCT? or NEMD vs IMCT?"
    (日本物理学会2012年春季年会, 24aBF-4, 2012年3月24日-3月27日, 兵庫).
  • T. Kuroiwa,
    "Mode Coupling Theory and Time Scale Separation in Asakura-Oosawa Model Binary System"
    (5th International Discussion Meeting on Grass Transition, 2012年2月27 日-3月1日, 仙台, poster).
  • M. Ozawa,
    "Structural Properties of the Inherent Structures of the Hard Spheres"
    (5th International Discussion Meeting on Grass Transition, 2012年2月27 日-3月1日, 仙台, poster).
  • Kunimasa Miyazaki,
    "Mean-field description of the glass transition"
    (Phase Transition Dynamics in Soft Matter : Bridging Microscale and Mesoscale, 2012年2月19日-2月22日, 京都基研, poster).
  • 松山裕典,
    "Slow Relaxation in the Fermi-Pasta-Ulam Nonlinear Lattice Oscillator System"
    (RIMS研究集会「力学系とその周辺分の研究」, 2012.7.10, 京都大学数理解析研究所).
  • 松山裕典,
    "非線形格子振動系における緩和の二重性 - 速い緩和と遅い緩和"
    (第52回生物物理若手の会 夏の学校 ポスターセッション, 2012年9月4日-5日, 北海道).
  • Hironori Matsuyama,
    "Two Different Relaxation Processes in the Fermi-Pasta-Ulam Nonlinear Lattice Oscillating System"
    (IGER International Symposium on Science of Molecular Assembly and Biomolecular Systems 2012, 2012.9.4-5, Nagoya).
  • 松山裕典,
    "Fermi-Pasta-Ulam系におけるplateau状態の形成と緩和の阻害"
    (日本物理学会2012年秋季大会,19aPSA-5, 2012年9月19日,横浜国立大学).

(2011年)

  • Takeshi Kuroiwa and Kunimasa Miyazaki,
    "p-spin spherical model revisited",
    (Unified Concept in Glass Physics V, Henri Poincare Institute, Paris, 12.12-16.2011, poster).
  • 尾澤 岬, 黒岩健, 池田昌司, 宮崎州正
    "ガラス転移平均場描像とジャミング転移"
    (第10回 関東ソフトマター研究会, 2011年11月12日, 東大生産研, ポスター).
  • 岡崎祥太, 池田昌司,宮崎州正
    "低密度k-space overlapポテンシャル液体のガラス転移"
    (日本物理学会2011年秋季大会, 24aJF-9, 2011年9月21日-9月24日, 富山).
  • 黒岩健, 宮崎州正
    "サイズ比の大きな2成分系における時間スケールの分離-schematic model による解析-"
    (日本物理学会2011年秋季大会, 24aJF-10, 2011年9月21日-9月24日, 富山).
  • 黒岩健, 宮崎州正
    "p-スピン球形模型のダイナミクスにおける拘束条件の厳密な取り扱いについて"
    (日本物理学会2011年秋季大会, 24aJF-11, 2011年9月21日-9月24日, 富山).
  • 尾澤 岬, 黒岩健, 池田昌司, 宮崎州正
    "剛体球系のジャミング転移と動的ガラス転移の関係"
    (日本物理学会2011年秋季大会, 24pJF-8, 2011年9月21日-9月24日, 富山).
  • 尾澤 岬, 黒岩健, 池田昌司, 宮崎州正
    "ガラス転移の平均場描像とジャミング転移との関係"
    (基研研究会2011 非平衡系の物理 -ミクロとマクロの架け橋, 2011年8月18日-8月20日, 京都、ポスター).
  • 黒岩健, 宮崎州正
    "Dynamics of p-spin spherical model revisited"
    (基研研究会2011 非平衡系の物理 -ミクロとマクロの架け橋, 2011年8月18日-8月20日, 京都、ポスター).
  • 宮崎州正
    "ガウス型ポテンシャル液体のガラス転移"
    (第一回ソフトマター研究会, 2011年8月3日-8月5日, 京都).
  • 黒岩健, 宮崎州正
    "サイズ比の大きな2成分系における時間スケールの分離"
    (第一回ソフトマター研究会, 2011年8月3日-8月5日, 京都、ポスター).
  • 岡崎祥太, 池田昌司,宮崎州正
    "柔らかい長距離相互作用系におけるガラス的振る舞い"
    (第一回ソフトマター研究会, 2011年8月3日-8月5日, 京都、ポスター).
  • 岡崎祥太, 池田昌司,宮崎州正
    "k-space overlapポテンシャル液体のダイナミクス"
    (日本物理学会2011年春季大会, 25pGV-7, 2011年3月25日-3月28日, 新潟, ス ライドのみ).
  • 黒岩健, 宮崎州正
    "サイズ比の大きい2成分系における時間スケールの分離とモード結合理論"
    (日本物理学会2011年春季大会, 25pGV-8, 2011年3月25日-3月28日, 新潟, ス ライドのみ).
  • 池田昌司, 宮崎州正
    "高密度ガウスコア液体における平均場的挙動の解析"
    (日本物理学会2011年春季大会, 25pGV-9, 2011年3月25日-3月28日, 新潟, ス ライドのみ).
  • 池田昌司,
    「重なり合う粒子系のガラス転移」
    (つくばソフトマター研究会2011, 2011年3月7日-3月8日, 東大物性研, 柏).
  • T. Kuroiwa
    "Mode-Coupling Theory and Time Scale Separation in Binary Mixture with a Large Size Ratio"
    (The 4th Discussion Meeting on Glass Transition, 2011年2月28日-3月2日, 仙台, ポスター).
  • A. Ikeda
    "Glass Transition of Monodisperse Gaussian Core Model"
    (The 4th Discussion Meeting on Glass Transition,2011年2月28日-3月2日, 仙台, ポスター).
  • 宮崎州正,池田昌司
    "ガラス転移の平均場理論についての考察"
    (第5回領域研究会「非平衡ソフトマター物理学の創成-メソスコピック系の構 造とダイナミクス」, 2011年1月8日, 東京大学)
  • 松山裕典,池田研介
    "Fermi-Pasta-Ulam系における遅い緩和の自由度依存性"
    (日本物理学会第67回年次大会, 24pAE-3, 2011年3月24日, 関西学院大学).

(2010年)

  • 宮崎州正,池田昌司
    "ガラス転移の平均場理論としてのモード結合理論"
    (東京大学物性研究所短期研究会「ガラス物理の諸問題.実験と理論の接点」, 2010年11月29-12月1日, 千葉)
  • 池田昌司,宮崎州正
    "高密度ガウスコア液体のガラス転移"
    (東京大学物性研究所短期研究会「ガラス物理の諸問題.実験と理論の接点」, 2010年11月29-12月1日, 千葉)
  • 黒岩健,宮崎州正
    "サイズ比の大きい2成分系における異常な緩和-モード結合理論による解析-"
    (東京大学物性研究所短期研究会「ガラス物理の諸問題.実験と理論の接点」, 2010年11月29-12月1日, 千葉, ポスター)
  • 黒岩健,宮崎州正
    "サイズ比の大きい2成分系のガラス転移とモード結合理論"
    (日本物理学会2010年秋季大会, 26aTD-3, 2010年9月23-26日, 大阪)
  • 池田昌司,宮崎州正
    "高密度ガウスコア液体のガラス転移"
    (日本物理学会2010年秋季大会, 26aTD-7, 2010年9月23-26日, 大阪)
  • 金鋼,宮崎州正, 斎藤真司,
    "ランダム媒体拘束系のガラス転移とフラジリティ"
    (日本物理学会2010年秋季大会, 26aTD-8, 2010年9月23-26日, 大阪)
  • 宮崎州正 金鋼, 斎藤真司,
    "不純物中のガラス転移",
    (第59回高分子討論会, 2010年9月15日, 札幌, 依頼発表).
  • A. Ikeda and K. Miyazaki,
    "A Novel and Simple Monodisperse Glassformer",
    (International Symposium on Non-Equilibrium Soft Matter 2010 , 2010年8月17日-8月20日, 奈良, ポスター).
  • S. Okazaki, A. Ikeda, and K. Miyazaki
    "Simulation and MCT Analysis of Soft Colloids",
    (International Symposium on Non-Equilibrium Soft Matter 2010 , 2010年8月17日-8月20日, 奈良, ポスター).
  • K Kim, S. Saito, and K. Miyazaki
    "Molecular dynamics studies of slow dynamics in random media: Type A-B dynamics and reentrant transition"
    (CECAM workshop "Complex dynamics of fluids in disordered and crowded environments", 2010年6月28日-7月1日, Lyon, France, ポスター).
  • A. Ikeda and K. Miyazaki
    "Glass transition and dimensionality"
    ("Particulate Matter: Dimension Matters", 2010年5月31日-6月4日, Dresden, Germany, ポスター).
  • 白岩智,池田昌司,宮崎州正
    "コロイド系の遅いダイナミクスの相互作用依存性"
    (日本物理学会2010年春季大会, 2010年3月20-23日, 岡山)
  • 池田昌司,宮崎州正
    "高次元空間におけるガラス転移"
    (日本物理学会2010年春季大会, 2010年3月20-23日, 岡山)
  • K Kim, S. Saito, and K. Miyazaki
    "Slow dynamics in random media: Crossover from glass to localization transition"
    ( The 4th international workshop on "Dynamics in Confinement", Institut Laue Langevin, Grenoble, France, 3-5 March, 2010, ポスター,  ポスター賞を受賞しました).
  • A. Ikeda,P. Charbonneau, J. van Meel, and K. Miyazaki
    "Glass transition and dimensionality"
    ( SCHOOL ON GLASS FORMERS AND GLASSES, 2010年1月4日-1月20日, Bangalore, India, ポスター).

(2009年)

  • 池田昌司,宮崎州正
    "ガラス転移と次元性"
    (特定領域研究・第3回公開シンポジウム, ポスター, 2009年11月20-21日, 京都市).
  • 金鋼, 斉藤真司, 宮崎州正
    "ランダム媒体拘束系のガラス転移"
    (特定領域研究・第3回公開シンポジウム, ポスター, 2009年11月20-21日, 京都市).
  • 池田昌司,P. Charbonneau, J. A. van Meel, 宮崎州正
    "四次元剛体球系のガラス転移"
    (The 3rd Mini-Symposium on Liquids (MSL2009) "Physics and Chemistry of Soft Interfaces", 2009年6月20日, 岡山大学).
  • 池田昌司,宮崎州正
    "ガラス転移における次元性"
    (日本物理学会, 28aQL-5, 2009年9月25-28日, 熊本市).
  • 宮崎州正,A. Lefebre, G. Biroli, D. R. Reichman
    "ジャミング転移点近傍におけるDebye-Waller因子"
    (日本物理学会, 28pQL-4, 2009年9月25-28日, 熊本市).
  • Atsushi Ikeda,P. Charbonneau, J. A. van Meel, Kunimasa Miyazaki
    "Simulation and Theoretical Study of Glass Transition of 4d Hard Spheres"
    (Gordon Conference on CHEMISTRY & PHYSICS OF LIQUIDS, Poster, 2009年8月2日-7日, アメリカ).
  • Atsushi Ikeda,P. Charbonneau, J. A. van Meel, Kunimasa Miyazaki
    "Simulation and Theoretical Study of Glass Transition of 4d Hard Spheres"
    (YKIS 2009 "Frontiers in Nonequilibrium Physics: Fundamental Theory, Glassy & Granular Materials, and Computational Physics", Poster, 2009年7月27日-30日, 京都).
  • 池田昌司,P. Charbonneau, J. A. van Meel, 宮崎州正
    "四次元剛体球系のガラス転移"
    (特定領域「ソフトマター物理」第4回領域研究会, Poster, 2009年7月1日-3日, 札幌市).
  • 池田昌司,P. Charbonneau, J. A. van Meel, 宮崎州正
    "四次元剛体球系のガラス転移"
    (特定領域「ソフトマター物理」第4回領域研究会, Poster, 2009年7月1日-3日, 札幌市).

(2008年)

  • 金鋼,宮崎州正,斉藤真司
    "ランダム媒質中のスローダイナミクス-ガラス転移から局在転移へ-"
    (日本物理学会, 20pVA-17, 2008年9月20-23日, 盛岡市).
  • 宮崎州正
    "1次元拡散問題とモード結合理論"
    (日本物理学会, 26pWE-11, 2008年3月22-26日, 大阪市).

(2007年)

  • 宮崎州正
    "ガラス転移における動的相関長の微視的理論"
    (日本物理学会, 22aRJ-10, 若手奨励賞講演, 2007年9月21-24日, 札幌市).
  • 金鋼,宮崎州正,斉藤真司
    "多孔質媒体中のガラス転移:ガラス転移とローレンツガスのクロスオーバー"
    (日本物理学会, 24pRJ-9, 2007年9月21-24日, 札幌市).
  • 宮崎州正
    "コロイドのゲル化に現れる動的不均一性の数理モデル"
    (日本物理学会, 24pRJ-10, 2007年9月21-24日, 札幌市).
  • K. Miyazaki, Giulio Biroli, Jean-Philippe Bouchaud,and David R. Reichman,
    "Nonlinear susceptibility and dynamical length scale of glassy materials",
    (SOCOBIM2007, 2007年7月, シチリア島, ポスター)
  • K. Miyazaki, Hans M. Wyss, David A. Weitz, and David R. Reichman,
    "Nonlinear rheology of soft-glassy materials -mode-coupling approach-",
    (StatPhys 23, 2007年7月, Genova, ポスター)
  • Peter Mayer,宮崎州正,David R. Reichman
    "モード結合理論を超えたガラス転移の分子運動論"
    (日本物理学会, 20aTC-8, 2007年3月18-21日, 鹿児島市).

(2006年)

  • 宮崎州正, Giulio Biroli,Jean-Philippe Bouchaud,and David R. Reichman
    "モード結合理論と動的相関長"
    (日本物理学会, 25aRC-3, 2006年9月23-26日, 千葉市).

(2005年)

  • Kunimasa Miyazaki, "Nonlinear viscoelasticity of glassy fluids"
    (Gordon Conference on CHEMISTRY & PHYSICS OF LIQUIDS, Poster, 2005年7月24日-29日, アメリカ).

(2004年)

  • Kunimasa Miyazaki and D. R. Reichman,
    "Mode-Coupling Theory and Fluctuation-Dissipation Theorem  -The first step towards understanding the glassy dynamics under shear-"
    (``The 2004 Berkeley Mini Statistical Mechanics Meeting", Berkeley, アメリカ, 2004年1月).

(2003年)

  • Ryoichi Yamamoto, Kunimasa Miyazaki, and D. R. Reichman,
    "Supercooled liquids under shear: computational approach"
    (``The 3rd International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems", 仙台, 2003年11月).
  • Kunimasa Miyazaki, Ryoichi Yamamoto, and David R. Reichman, 
    "Kinetic theory of supercooled liquids under nonequilibrium constraints II"
    (日本物理学会, 2003年9月, 岡山市).
  • Kunimasa Miyazaki, Ryoichi Yamamoto, and D. R. Reichman,
    "???"
    (ACS meeting, 2003年9月,New York, NY).
  • Kunimasa Miyazaki, Ryoichi Yamamoto, and D. R. Reichman,
    "Supercooled liquids under shear"
    (Gordon Conference on CHEMISTRY \& PHYSICS OF LIQUIDS, 2003年8月,ポスター).
  • 宮崎州正 and D. R. Reichman,
    "非平衡下における過冷却液体の運動論",
    (日本物理学会, 30pZD-1, 2003年3月, 仙台)

(2001年)

  • 宮崎州正 and I. M. de Schepper,
    (題目不明)
    (溶液化学討論会, 2001年9月, 岡山)
  • 宮崎州正 and I. M. de Schepper
    "希薄気体の動的構造因子",
    (日本物理学会, 2001年9月, 徳島)
  • 宮崎州正, I. M. de Schepper, and B. Bagchi,
    "一般化されたエンスコック理論",
    (日本物理学会, 2001年3月, 東京)

(2000年)

  • K. Miyazaki, G. Srinivas, and B. Bagchi,
    "The Enskog theory for self-diffusion coefficients of simple fluids with continuous potentials",
    (``Soft Condensed Matter Physics'' conference in Lviv, Ukraine, 2000,ポスター)

(1999年)

  • 伏木誠, 宮崎州正
    "Single Soluteに対するStokes-Einsteinの法則 III",
    (日本物理学会, 1999年9月, 岩手)
  • 宮崎州正, 伏木誠,
    "剛体球液体の拡散係数",
    (日本物理学会, 1999年9月, 岩手)
  • 伏木誠, 宮崎州正,
    "Single Soluteに対するStokes-Einsteinの法則 II",
    (日本物理学会, 1999年3月, 広島)

(1998年)

  • 伏木誠, 宮崎州正,
    "Single Soluteに対するStokes-Einsteinの法則",
    (日本物理学会, 1998年9月, 那覇)
  • 北原和夫, 宮崎州正, 吉森明,
    "非平衡熱力学可逆部分の反対称構造について",
    (日本物理学会, 1998年9月, 那覇)
  • 宮崎州正, 立矢正典,
    "有極性連続体中の、イオン対による溶媒和エネルギーの厳密な計算",
    (日本物理学会, 1998年9月, 那覇)
  • 宮崎州正, 関和彦,
    "連続媒質中の一つの双極子の回転緩和",
    (日本物理学会, 1998年9月, 那覇)
  • K. Miyazaki, K. Seki, and C. Uchiyama,
    "Phenomenology of spin relaxation",
    (StatPhys XX, 1998年7月, Paris, ポスター)
  • K. Miyazaki, K. Kitahara, D. Bedeaux, and A. Yoshimori,
    "Nonequilibrium thermodynamics of multi-component fluids",
    (StatPhys XX, 1998年7月, Paris, ポスター)
  • 宮崎州正, 関和彦,
    "スピン緩和の現象論",
    (日本物理学会, 1998年3月, 習志野)

(1997年)

  • K. Seki and K. Miyazaki,
    "A stochastic model for dipole relaxation",
    (The 2nd Tohwa University Statistical Physics Meeting, 1997年11月, 福岡,ポスター)
  • 関和彦, 宮崎州正,
    "熱平衡状態を保証するスピン緩和の数値計算",
    (日本物理学会, 1997年10月, 神戸)
  • 宮崎州正, 関和彦,
    "誘電緩和の正しい現象論",
    (日本物理学会, 1997年10月, 神戸)
  • 関和彦, 宮崎州正,
    "双極子緩和における揺動散逸定理",
    (「非平衡統計物理」シンポジウム, 1997年3月, 筑波,ポスター)

(1996年)

  • 関和彦, 宮崎州正,
    "双極子緩和における揺動散逸定理",
    (日本物理学会, 1996年10月, 山口)
  • K. Miyazaki,
    "Brownian motion of a sphere in slow shear flow",
    (3rd Liquid Matter Conference、1996年7月、Norwich, UK,ポスター)

(1995年)

  • S. Komura, K. Seki, and K. Miyazaki,
    "Diffusion constant of proteins in biomembranes",
    (The 1st Tohwa University Statistical PhysicsMeeting, 1995年11月, 福岡,ポスター)
  • K. Miyazaki,
    "Brownian motion of a sphere in slow shear flow",
    (The 1st Tohwa University Statistical PhysicsMeeting, 1995年11月, 福岡,ポスター)
  • 好村滋行, 関和彦, 宮崎州正,
    "生体膜中での蛋白の運動",
    (日本物理学会, 1995年9月, 大阪)
  • 宮崎州正, 北原和夫, D. Bedeaux, G. Nicolis,
    "多成分流体における拡散",
    (日本物理学会, 1995年9月, 大阪)
  • 好村滋行, 関和彦, 宮崎州正,
    "Diffusion constant of proteins in biomembranes",
    (NATO Advanced Study Institute on ``Physics of biomaterials: Fluctuations, selfassembly and evolution'', 1995年3月, ノルウェー,ポスター)
  • 宮崎州正,
    "Nonequilibrium thermodynamics of dilute suspensions",
    (第三回「非平衡系の統計物理」シンポジウム, 1995年3月, 筑波,ポスター)
  • 宮崎州正, D. Bedeaux,
    "Shear流中の球の拡散方程式",
    (日本物理学会, 1995年3月, 横浜)

(1994年)

  • 宮崎州正, D. Bedeaux,
    "Shear流中のBrown運動",
    (日本物理学会, 1994年9月, 静岡)
  • 宮崎州正,
    "流体中の球の抵抗係数と座標変換との関係",
    (日本物理学会, 1994年9月, 静岡)
  • 宮崎州正, D. Bedeaux, J. Bonet Avalos,
    "Shear流中を運動する粒子の抵抗係数",
    (日本物理学会, 1994年3月, 福岡)

(1992年)

  • 宮崎州正, 好村滋行, 北原和夫,
    "非平衡有限系における流体揺らぎ",
    (日本物理学会, 1992年3月, 横浜)

(1991年)

  • 宮崎州正, 北原和夫,
    "Hydrodynamic fluctuations in the presence of temperature gradient and shear flow",
    (日本物理学会, 1991年9月, 札幌)

このページのトップへ戻る